ブロガーという職種は正義か?

大胆なタイトルにしてしまいましたが…

 

実はつい2週間ほど前に風邪をひいてしまったのに、また高熱を出してしまいました。

そして、病院に行ったらインフルエンザB型でした。

今も若干フラフラですが、かなり辛い数日を過ごしました。

 

さて、情報過多と言われる現代、インターネット上には凄まじい量の情報があります。

今回、私も適切な治療方法を調べるために熱にうなされながら何度もGoogle検索を利用しました。

 

医者な行くべきかどうか、処方された解熱剤に頼りすぎていいのかどうか、入浴はしていいのかどうか等。

 

全てを一回の通院で聞くことは、現実的ではないので別のソースから情報に頼らざるを得なければいけないのが現実でした。

 

しかし、ググった結果、あるサイトからはAという結果が導かれ、また別のサイトからはBという結果に…。

 

情報を求めている私たちにとって、ネット上に嘘があるというのは堪え難いことではないでしょうか。

 

医療の記事も医者ではなく素人が書くことができます。

どんな記事でも素人が書けます。そして、現に書かれています。

 

本は結構、著者を大事にするのではないでしょうか。

しかし、ネット記事はあまり誰が書いたかどうかは気にしないですね。

 

SEO対策をしたもん勝ち。

ネット記事にはレビューが付けられないので見られたもん勝ちです。

 

ビジネスとして金に目が眩んだブロガー。

どうなんでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました