【1〜2日目(再び)】モロヘイヤ栽培 〜発芽、種まき〜

先日モロヘイヤ栽培を始めました。

【1日目】モロヘイヤ栽培 〜種まき〜
今日からモロヘイヤ栽培日記を不定期で配信していきます。 家庭菜園は去年から挑戦しているので2年目です。 去年はトマトとオクラに挑戦しました。 猛暑の影響か、明らかに買ったほうが安いという不作…。 ...

しかし、2週間近く経ちましたが変化は全くありませんでした。

失敗といっていいでしょう。

前回は何がいけなかったのか?

土から芽が顔を出さなかった理由を下記3つと考えました。

  1. 種が最初から死んでいた
  2. 発芽条件を満たしていなかった
  3. 土が深すぎた

1.種が最初から死んでいた

死んでいたら元も子もありません。
しかし、専門店で買ったものですので可能性的には低いでしょう。

発芽条件も80%ほどと悪いらしいようですが、今回は5粒×8箇所くらいを蒔きましたので1つも芽が出ないというのはないでしょう。

ということで、種のせいではないと仮定します。

2.発芽条件を満たしていなかった

植物には発芽条件があります。

モロヘイヤももちろんあり、最低でも20℃は必要らしく、時期的には問題ありませんでした。しかしまだまだ20℃を下回ることも普通にありますので、気温が低かったことも考えられます。

3.土が深すぎた

ダメだった理由はおそらくこのせいです。

穴を5センチほど掘って種を蒔いたのですが、深すぎたようです。

正しいやり方としては掘らずに種を置いて、その上から土を1〜2ミリほど覆土(ふくど)するのがいいとのことです。

モロヘイヤの種はとても小さいので1〜2ミリとなるようです。

wikipediaによると

「一般に覆土の厚さは、タネの直径の2 – 3倍程度がよい」

とのことで、モロヘイヤの種を2ミリとすると、前回の5センチの穴は25倍です。

絶対にこれが原因でしょ。。。

 

というわけで、反省を活かして再チャレンジです。

1日目(発芽)

種を水に浸しておくと、発芽するようです。

というわけで、こんな感じです。

1日ほどで結果が出るそうなので、翌朝が楽しみでした。

2日目

発芽した!!

翌朝、起きて種の様子を見てみたら、なんとっ!!!!

種が割れて(?)変化が見られました。

これを発芽と呼んでいいんですよね!?

これで、種が死んでいなかったという裏付けも取れたことになります。

種まき

というわけで、この種を使って種まきをします。

今回も、プランター直でやります。

しかし、、、またやってしまったのです。

種まきをこのブログを書く前に終わらせたのですが、また深すぎてしまったかもしれません。

5センチは深いというのはわかっていたので、今回は指先で軽く土の上に線を引っ張って種を置いて、土を軽くかけたのですが、それでも1センチになってしまったかもしれません。。

ちゃんと調べてからやればよかった。。

せっかちなんで困ります。。。

というわけで私より先にモロヘイヤ栽培を成功させたい方は、

  • 1日水に浸して発芽させる。
  • 種まきは土を掘らずに、上から軽く土をかけるだけ

を守ってトライしてみてください!

 

というわけで1週間様子をみて、何も変化がなければ再再挑戦します。

では!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました