Macを閉じてもスリープしない【対処法発見!】

私はMacBook Air (11-inch, Mid 2012)を現役で使用しています。

通常、Macを畳むとスリープモードに自動的に入ります。
しかし、私のMacは蓋を閉じても背面のリンゴマークは光ったままで、隙間から除いても画面は来ていません。
こんなことでは、すぐに電池が消費してしまいます。

この問題に悩まされ始めたのはMojaveにバージョンアップしてからです。
原因は絶対にこいつだと思っています。
時が経てばAppleが修正してくれるだろうと思っていましたが、この記事の執筆時の最新バージョン【10.14.4】であっても問題は解決はしていません。

しかし、問題は完全には解決していないのですが、応急処置は見つかりました。

Googleを検索しても同様に悩んでいる人は見つからず、「私だけ?」と感じることもありますが、日本を探したら1人くらいさすがにいると思いましたので、そんなあなたに向けて書かせていただきます。

定番の方法(まずはこれ)

これから私が提案する応急処置をする前に、一応「SMCリセット」というものを試してください。
やり方は下記Apple公式のリンクを参照ください。

Mac の SMC をリセットする方法
システム管理コントローラ (SMC) をリセットすると、電源、バッテリー、ファン、その他の機能に関わる一部の問題を解決できます。

上記リンクの中の「SMCの役割」というところに「Mac ノートブックのディスプレイの蓋を開いたり閉じたりしたときの反応」というのがあります。

閉じてもスリープしないということは、Macが閉じたことを認識していないということだと思いますので、試してみる価値は大いにあります。

これで治れば最高です。

しかし私はこれでは解決していないので、応急処置で凌いでいます。

応急処置方法

やり方はとっても簡単です。

左上のリンゴマークよりログアウトを選択します。

これだけです。

ログアウトできたら、試しに蓋を閉じてみてください。

問題なく背面のリンゴマークは消えて、スリープモードに入っているはずです。

その後、もう一度ログインして蓋を閉じてみてください。

問題なく背面のリンゴマークは消えて、スリープモードに入っているはずです(同じこと2度言いました)。

これが応急処置です。

最後に

「治ったじゃん!!!」
と思われるかもしれませんが、Macを再起動したりしてしまうと同様の現象が再び発生してしまいます。

応急処置は大した手間ではありませんので再度行えばいいのですが、あまり気持ちの良いものではないですよね。

早く根本的に治って欲しいです。
お願いしますAppleさん。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました