東京生まれ東京育ちが1週間田舎に滞在してみて思ったこと

こんにちは、Dr.dolceです。

平成から令和にまたがる私のGWは9連休でした。
その半分以上を、妻の実家がある静岡県浜松市で過ごしました。

私は生まれも育ちも東京です。
約30年の東京での生活も少し疲れ、田舎への移住を憧れていました。

そんな私が1週間近くを田舎で過ごして感じたことと、田舎移住の憧れ感情が変化したのか?それともしなかったのか?シェアさせていただきます。

(ちなみに私の妻の実家は、周りに他の家がなく、下水道もなく、結構過疎ってるので特別かもしれまん。あくまでも個人的感想だとご理解ください。)

自然環境が良い

GW後半の気候の良さも影響あるとは思いますが、外で散歩するだけでもとてもリラックスすることができました。

連れて行った飼い犬も、広い庭でとってもはしゃいでいました。犬にとっては今すぐの田舎移住を望んでいるようでした。

自然環境の良さは地方移住の最大のメリットだと思いました。

しかし、自然が豊かなことによるデメリットもあります。
夜の虫の鳴き声と早朝の野鳥の鳴き声は睡眠の妨害になりました。夜の虫の鳴き声はまだ慣れそうですが、朝の鳥の鳴き声には起こされ続けることになりそうです(早起きできて良いのかもしれませんが…)。

車がないと生活できない

東京では、ジュースが飲みたくなったら自販機やコンビニに歩いていけば数分以内に喉を潤すことが可能ですが、私が1週間暮らした地域ではいちいち車を運転しないと飲み物には辿り着けません

しかし、車を運転すればコストコやイオンにたどり着き、私の住んでいるところからコストコやイオンに行くのと比べれば、距離は近くて渋滞に巻き込まれることもありませんでした。

イオンは面白いですね。丸1日飽きずに遊べます。

やることが限られている

コストコとイオンは大人気スポットでした。朝早くに行ってもすぐに駐車できないほど混んでいました。
それらの場所くらいしか買い物スポットがないと感じてしまいました。

さすがに言い過ぎかもしれませんが、東京より選択肢が少ないのは事実だと思います。

巨大なパチスロ店も多く存在しており、暇をつぶすのも大変なのでしょうか。

広い家に住める

東京より土地の価格は安いでしょう(東京でも場所を選ばなければ地価の安い所はあるとは思いますが…)。

その分、広い土地を購入できて、建物にお金をかけることができるでしょう。

資産価値的に土地ではなく建物にお金を使うことは望ましいことではありませんが、普段暮らす場所が広いのは心地いいことです。

まとめ

「たったの1週間でなにが分かるのか!」と突っ込まれそうな気もしますが、実際に地方で過ごしてみると東京の良さも見えてきました。

あなたの地方移住の夢は「隣の芝生は青い」状態かもしれません。

地方への憧れのみで移住を決めてしまうのはリスクがあると感じました。
数週間から数ヶ月、Airbnbなどで実際に生活してみるべきだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました