保阪尚希氏から学んだ人脈とビジネスについて

昨日、フジテレビの「梅沢富美男のズバッと聞きます!」という番組で保阪尚希のビジネスマンの顔が放映されていました。

彼はグッズを作って販売したり、イランでガスの利権を獲得したりとやり手のビジネスマンでした。

番組の中で、とても良いことを言っていたので、メモがてらシェアさせてもらいます。

 

ビジネスをビジネスと考えてはいけない

彼はこんなようなことを言っていました。
※すみません、録画していたわけではないので多少私の解釈が混ざっているかもしれません。

 

「今は悪い奴でも、その人がどう化けるか分からないからどんな人脈でも大切にしたほうがいいよ」

 

彼がイランで仕事出来ているのは、昔、映画で共演したイラン人と友達になっていたからでした。

もちろん当時はお互い俳優だったでただの友達だったと思います。

しかし、歳を重ねてお互いが成長し、共通した話(ここではビジネス)ができるようになったのです。

これはビジネス(金儲け)目的として最初から付き合っていたら出来ないことです。

ビジネスは信頼の上で成り立っています。

私も人との付き合い方は改めようと思いました。

 

ビジネスはなにかの延長線上にきっとあるのでしょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました