ダイソンの掃除機を初めて使ってみた感想(良いところと悪いところ)

今日の話題は掃除機についてです。

私は普段、エルゴラピードの掃除機を使用しています。

平成最後のGWの今、妻の実家に来ています。
掃除の手伝いをしていて、ダイソンの掃除機を電気屋で試すのはなく、実際の掃除で初めて使いました。

「掃除機といったらダイソン!」と言っても間違いないくらい、掃除機業界では確固たる地位を築いていると思っています。

もちろん私もダイソンの導入を何度も検討しました。
しかし値段が高いんですよね。

そんな私がダイソンを初めて使ってみた感想をこの記事にてお話させていただきます。

エルゴラピードの掃除機を使っている理由

まず初めにエルゴラピードを買った理由、使い続けている理由をお話しします。

ダイソンがいくら高いからと言っても、エルゴラピードが悪い商品であれば買い換えます。
エルゴラピードの掃除機も私が長年使い続けている良い商品ということは間違いないです。

水洗いができる

潔癖症の私にとって水洗いできることは結構大切でした。
常にゴミカップを綺麗にしたいということではなく、ゴミを捨てる時に埃などが舞って吸い込んでしまうリスクを心配しているのです。

1〜2週間に一回、エルゴラピードからゴミカップを外し、一緒にシャワーを浴びます。
シャワーを掛けながら蓋を開け、排水溝にゴミを水と一緒に一気に流します。

ゴミを触るのは問題なし、とにかく口や鼻から舞った埃を吸いたくない私にとってはこの方法が取れるエルゴラピードは貴重な存在です。

自立する

3LDKに住んでいるのでいろんな部屋で掃除機を使うことになります。

自立しない掃除機では、掃除機から手を離したい時に横に倒したり、再び使い始める時に床に近い位置まで手を伸ばさなければいけないのは面倒だと思いましたし、邪魔になるでしょう。

エルゴラピードは充電中だけではなく、部屋のどの場所でも自立します。
重心が下にある掃除機なので自立ができるのです。

充電が長持ちする

いろんな部屋で掃除すると、その分掃除時間も長くなります。

そんな使い方をしているのに、充電が完全に切れたことは数年使ってたったの1回だけです。

Dysonを使った感想

デメリットは先ほど私があげたエルゴラピードのメリットの逆です。

  • 水洗いできない
  • 自立できない
  • 充電が持たない

最初の二つは下調べでわかってはいましたが、充電の持ちは結構辛かったです。

今回、妻の実家の使ってない部屋(今はほぼ倉庫)を大掃除したのですが、何回も途中で充電が切れてしまいました。
充電に多くの時間が必要&すぐにバッテリーがゼロになります。

しかし、吸引力はハンパなかったです。

そのたった一つの(?)メリットで、

だから世の中の多くの人はダイソンの掃除機を買っているのかぁ

と納得させられました。

エルゴラピードの掃除機はローラーやブラシの力でゴミを取ってるんじゃないか?と思ってしまう時もありましたが、ダイソンの掃除機は確実に吸引する力でゴミを取ってくれていると実感できました。

もう一つデメリットを挙げるとすると、掃除機を動かしておきたい時ずっとトリガーを引き続けておかなければいけないことは辛いと思いました。

エルゴラピードはボタンを押したらON、もう一度押したらOFFなので個人的にはそっちの方が楽です。

まとめ

買い替えとしてはもうちょっと考えたいなとも思いました。

しかし、吸引力が素晴らしいのでダイソンの掃除機はとても欲しいと思ってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました