【どこ旅】Ver1.1(両替所比較ツールβ版の追加)

先日リリースを行なった、「気温やフライト時間から、直行便で行ける海外を検索できるサイト」の【どこ旅】。

気温や飛行時間から海外旅行先を検索 | どこ旅
気温や飛行時間からお好みの旅先を探すことができます。具体的な場所は決まっていなくても、あなたにおすすめの旅行先を見つけることができます。

先日、バージョンアップしました。

バージョンアップ内容

新コンテンツ、「両替所比較ツール」を追加しました。
コンテンツ追加なので、大幅なアップデートではありますが、ベータ版のためマイナーアップデートという括りにしています。

両替所比較ツールとは?

旅先などで両替できる場所が複数ある場合に、どの店が一番お得に両替できるかを簡単に判別することができるツールです。最大で5箇所まで比較することができます。

コンテンツを追加した理由

海外旅行時に悔しい想い

海外に行ったことがある人はわかると思いますが、両替所にあるレートってどこを見ればいいのかよく分からないんですよね(私のオツムが弱いだけ…?)

少し前にシンガポールに行った時、ラッフルズプレイス駅近くのアーケードというところが、とてもお得に外貨に両替できるとネット上で情報を得たのです。

そこに行ったら、10軒に近いくらい両替所があるのです。
競合がひしめき合っているのでレートはいいでしょう。

しかし、レートをどう見たらいいのかわからないのです。

出ているのは何の数字なのか。
BUYINGって?
SELLINGって?

ググってもよくわからないので最終的には、「もうどこでもいいや〜」という気持ちで、適当に両替所を選択した記憶がありますし、受け取ったシンガポールドルも合っているのか合っていないのか(騙されていないか)の判断ができませんでした

誰でも簡単に一番レートのいい両替所を探せるツールを作った

私のような人がいるのかはわかりませんが、Googleで「両替 レート 見方」などと検索すると、説明ページがかなり出てくるので、悩んでいる人は多い気がします。

私も現地でググったのですが、説明をみてもよく分かりませんでした。
レートの見方を教えてあげるより、条件やレートに書いてある数字を入力すれば答えが出る(幾ら手に入る)のか分かるのが一番だと考えたのです。

ツールの特徴

どこでどんな場合でも使用可能

両替といっても色々なシチュエーションがあります。

  1. 日本で「日本円を外貨に」
  2. 日本で「外貨を日本円に」
  3. 海外で「日本円を外貨に」
  4. 海外で「外貨を日本円に」

シチュエーションによって、BUYを見るのかSELLを見るのか変わります。

プルダウンで、
両替する場所にて「日本」or「海外」を選択し、
両替内容にて「日本円を外貨に」or「外貨を日本円に」から選択すると

BUYを見ればいいのかSELLを見ればいいのか、ツールが教えてくれます

店を巡って、入力するだけ

あとは何も考えずに両替所を巡って、ツールが教えてくれる指示に従って、レートをスマホに入力していけばいいのです。

最大5軒分のレートを入力することができます。

各店で両替した場合、いくら手に入れることができるのかが瞬時に計算され表示されますので、一番値の大きい店で両替を実行すればいいのです。

騙される心配もなし

レートだけでなく、両替する金額も入力するので、計算をする必要は一切ありません。

店員から受け取った金額が合っているのかどうかは、スマホに表示されている金額と比べればいいだけなので、騙される心配もありません。

両替所の癖や国の癖にも対応

「癖」というのかはわかりませんが…。

普通は1円が何現地通貨なのか?でレートが表示されているのですが、場合によっては1000円が何現地通貨なのか?などでレートが表示されていることもしばしば。

そんな時は、レートの単位をデフォルトの1から10や100や1000に増やしてあげれば解決します。別途計算するシチュエーションをなくすように考えて設計しました。

 

また、国によっては1円が何現地通貨なのか?ではなく、1現地通貨が何円と表示する国もあります。

ハワイやグアムはそのような表示が多いみたいです。

そんな時でもこのツールを使っていただけるように、レートの単位を「円」から「現地通貨」に変更する機能も搭載しています。

開発について

利用言語

javascriptのみ。

得意のPHPは封印し、今までコピペ以外でやったことのなかったjsを学びながら作りました。

意外と簡単でしたし、楽しい!

開発期間

構想:半日
製作期間:1日

CSSはやっつけなので、これから徐々に手直ししていきたいと思います。

今後の話

今回追加した「両替所比較ツール」ももう少し便利にできるので、それを実装して計算ミスなどもなさそうであればベータ版を取っ払って正式リリースしたいと思います。

おそらくそれがVer2.0になる予定です。

今回で、「どこ旅」方針が少し見えてきました。
海外旅行に関連したツールやコンテンツをどんどん追加していきたいと思います。

Amazonも最初は本専門の会社だったので、焦らず大きくしていけたらいいと思っています。

 

ということで、ぜひ使ってください!

どこ旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました