【Cocoon】Twitterカードの設定比較検証

ブログの運営にあたり、Twitterでの更新報告は有効な手段だと思います。

リンクの表示がURLの文字列では味気ないと思います。

そこで使われるのがTwitterカードというものです。ブログカードなどと意味合いは同じです。

キレイにツイートを表示させるために、Twitterカードを使いこなせるよう、情報をシェアさせていただきます。

この記事はWordPressのCocoonというテーマを使っている場合での方法です。

CocoonでのTwitterカードの設定

設定画面

実は、CocoonではデフォルトでTwitterカードが有効になっています。

ちなみに無効にしたい場合などのために、設定場所をお伝えしておきます。

Cocoon設定OGP(ページ中段)Twitterカード設定

無効にしたい場合や、この後ご説明するカードタイプの設定変更をする場合は、この画面まで推移してください。

カードタイプ設定について

先ほどたどり着いた、Twitterカードタイプという設定項目には、

  • サマリー(summary)
  • 大きな画像のサマリー(summary_large_image)

の2つから選択できることになっています。

これは、サムネイル画像の大きさを選択できるものになります。

それでは、PC版スマホ版のTwitterにてそれぞれどのように表示されるか見ていきましょう。

PC版Twitter

「サマリー」を選んだ場合

「大きな画像のサマリー」を選んだ場合

スマホ版Twitter

「サマリー」を選んだ場合

「大きな画像のサマリー」を選んだ場合

私はいつも16:9でサムネイル画像を作成していますが、「サマリー」を選択してしまうと横が削られて表示されてしまいます。
(好みの問題ですが、私だったら「大きな画像のサマリー」を選択します。)

反映のタイミング

ツイートをした時の設定がTwitterに反映されます。

設定変更を行っても過去のツイートには反映されません

設定変更した後にツイートしなおしても変更がされない場合は、おそらくキャッシュの問題でしょう。

まとめ

Cocoonは本当に至れり尽くせりな無料テーマだな、と使えば使うほど感じます。

別に私はCocoonの回し者でもなんでもないのですが(笑)、Cocoonを導入して本当に良かったと思っています。

私は「大きな画像のサマリー」が好みだったので、Cocoonを導入してしまえばなにもすることはなかったということでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました